もつものが多く

15 の用例 (0.00 秒)
  • 幼虫は突起や毛、角をもつものが多く、ケムシの範疇に入るものもいる。
  • 原色を使用した鮮やかな色彩をもつものが多く、幾重にも重ね着をするものが多い。
  • 汽水域に生息する生物には塩分濃度の変化に耐性をもつものが多く、独特の生物相を形成している。
  • 鳩の巣原理を使った証明にはこのような特徴をもつものが多く、何らかの性質を満たすものが存在することを証明するにもかかわらず、どれがその性質を満たすのかについては何も分からない。
  • 敷石住居は関東地方にしばしば見られる住居跡で、また、この時期の遺構から出土した土器群は関東地方の土器群と同じ特徴をもつものが多く、この時期のムラは関東地方の影響を強く受けていたと思われる。
  • 覚園寺に現存する仏像は室町時代の応永年間の銘をもつものが多く、この頃に寺内が整備されたものと思われる。
  • 硬い酸は、電気陰性度が低く、また高い電荷密度をもつものが多く分極率が小さいという特徴を持つ。
  • 特にイネ科の植物は、やや硬く、立ち上がった細長い葉をもつものが多く、草原での生活に適応しているといわれる。
  • 炭酸カルシウムを主成分とする石灰質の殻をもつものが多く、これはさらに透明なガラス質と不透明な陶器質とに分けられる。
  • 武士はその経済的基盤を荘園においたため、武家法は本所法・荘園法に起源をもつものが多く、武家政権と朝廷との関わりから公家法の影響も受けた。
  • クロロフィルのテトラピロール環部分はヒドロキシル基あるいはカルボキシル基などの置換基をもつものが多く、比較的親水性が高い。
  • また、洞窟に住む魚類には狭い水域での遊泳に適した細長い体をもつものが多く、この傾向はドウクツギョ科にもあてはまる。
  • 胴部から外側へ広がるように屈曲して口縁部に至る部分に脇にキャタビラ文を伴う隆帯で三角形を繰り返す文様帯をもつものが多く、「重三角区画文」と呼称される。
  • 花弁が白のほか赤、青、黄など美しい色をもつものが多く、アルメリア、ハナハマサジ、ルリマツリなどが観賞用に栽培される。
  • この開析谷は、北西 - 南東あるいは南北の方向をもつものが多く、これらの谷頭は丘陵の北側に極端に偏り、分水嶺は丘陵の北縁近くに偏在する。