もっと早くから

37 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、イギリスにもっと早くから伝わっていたとする料理書もある。
  • 人間にはこのような快感もあったのか、もっと早くからやるべきだったな。 星新一『城のなかの人』より引用
  • このごに及んで気がつくなら、もっと早くから気がつけばよいのである。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 路南区は唐山市でもっと早くから集落が形成された地区である。
  • その気があるのなら、もっと早くからこの道に精進すればよかった。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • もちろんぼくとコロボックルは、もっと早くからそれがわかっていた。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 1 だれも知らない小さな国』より引用
  • 日本語を記録することがもっと早くからあったのだ。 折口信夫『辞書』より引用
  • それはとにかく、わがソ連と英国とは、もっと早くから手を握るべきであった。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • もっと早くから心をこちらに向けていればよかった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • もっと早くからこの仕事から手を引くと宣言しなかったのはなぜだろうと、彼はまた自問した。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • もっとも大学やカレッヂの数学教室では、もっと早くから黒板が使用された。 小倉金之助『黒板は何処から来たのか』より引用
  • もしそういう根拠をもっと早くから握っていれば、かれはこの男から目を離さなかったろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル16 悪魔の百唇譜 v0.9』より引用
  • もっと早くからそういう方面に関心があれば、一千万円でこんなに迷うことはなかったろう。 半村良『邪神世界』より引用
  • 実際のところは、動きはもっと早くから起きている。
  • 塩からい味の本体が、塩化ナトリウムであることは、もっと早くから知られていた。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • 中学・高校時代から追い込めばもっと早くからさらなる好結果を得ていたかもしれないが、本人も指導者も我慢を重ね、着実に階段を上っていった成功例のひとつだとされている。
  • 最初の浮気は、日花里を妊娠した時に発覚したが、おそらくもっと早くからそれは始まっていたに違いない。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • もっと早くから読んでおればよかった。 太宰治『母』より引用
  • 山一をして今日の危機に至らせたのは山一自身の責任が大きいことは事実だが、主力銀行ももっと早くから対策を講ずるべきでなかったか。 草野厚『証券恐慌――山一事件と日銀特融』より引用
  • ああ、もっと早くからボクシングをやっていればよかった。 姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』より引用
  • 次へ »