もっと上手

77 の用例 (0.00 秒)
  • 断るにしても、もっと上手じょうずな話のもっていき方があったのかもしれない。 今野緒雪『マリア様がみてる 22 未来の白地図』より引用
  • きっとこの調子なら、もっともっと上手にお料理が作れるようになるよ! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • だけど、もっと上手な先輩とやる時は正拳突きも使っていましたよ。
  • もっともっと上手に武士団を手なずけようとするでしょう。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • だけど、もっと上手な先輩とやる時は正拳も使っていましたよ。
  • 八九寺ならもっと上手に噛むのだろうが、僕ではこれが限度である。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • 専門家たちは、ぼくにもできるようなことを、何一つもっと上手にできない。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • ということはつまり、もっと上手に抵抗をこころみねばなるまい。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 05』より引用
  • どうしたら、もっと上手じょうずに嘘をつけるようになるんだろう。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • 他の男たちはもっと上手に自尊心を保持しながら女性と接するのではないのだろうかと思う。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅢ』より引用
  • もっと上手なやりかたがあってもいいはずである。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • もっと上手に彼を扱う方法があったかも知れない。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • 三人ともよくがんばってひきますが、もっと練習すると、もっと上手になります。 稲垣美晴『サンタクロースの秘密』より引用
  • この気持ちをもっと上手に理解できたならば、僕はもう少しだけ冷静になれると思うのに。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 今度は、前の二人がもっと上手に階段を駆け上がった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • そんなことよりわたしをもっと上手に操縦しろって? 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 美術教師であることをその子に告げると、もっと上手にお母さんの絵を描くにはどうしたらいいかと尋ねられた。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • もっと上手な者がいただろう、と朝薫は心の中で反論した。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • われわれはもっと上手にお世辞を言ってほしいわけであって、誰も言ってほしくないとは考えてはいない。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 犯人なら、もっと上手に嘘をつくだろうと思った。 西村京太郎『怖ろしい夜』より引用
  • 次へ »