もござりましょう

17 の例文 (0.00 秒)
  • それに付けましても、坂田様にはこうした変った恋の覚えもござりましょうな。 ...
  • されば、万一こうしたすべてには、何か人知れぬ仔細がないといたしますれば、これは不思議のうちの最大の不思議でもござりましょう。
  • 前に申しあげたように、実は武田軍は筑波勢にまだ拒否感をいだいておりましたが、私たちと全海さんは、その中では例外的にそういう感情が比較的薄かったせいもござりましょう。 ...
  • もしこれが目の内側の片隅に針を以って記されますれば、これを恭々うやうやしく読む者にとっては、教訓として役立つことでもござりましょう。
  • この頃の春の日の暮るるにはまだひまもござりましょう。 ...
  • その長い五年間には、お殿様にもご機嫌よく、家来共の言葉を快くお聞きなさる時もござりましょうに。 ...
  • お父上大臣ワジールヌーレディンさまのお亡くなりになって以来、またなんぞ新しいご不幸が、お身の上に起こったのでもござりましょうか。 ...
  • 殊に色事の出入でいりが夏の始めから秋口にかけて多いのは、矢ッ張り春まいた種が芽をふき葉を出して到頭世間へパッとするのでもござりましょうか。 ...
  • 「京には、いろいろとなつかしげヽヽヽヽヽなこともござりましょうほどに」と久栄がいったのは、そういう平蔵の行状ぎようじようをさしている。 ...
  • ご高家のお殿さまが、八丁堀はっちょうぼりからこっそり帰ったと人目にかかりましては世間へのはばかりもござりましょうゆえ、ご遠慮なくお召しくださりませ。 ...
  • ポローニアス ごぞんじでもござりましょうが、ハムレット様は、よくこの大廊下を、長いことぶらぶらしておられることがござります。 ...
  • なにゝいたせ北畠どのは三七どのと腹ちがいの御きょうだいでいらっしゃいまして、どちらも御れんし《連枝》であらせられながらおもしろからぬおん間柄でござりましたから、一方がかついえ公の肩をもたれましたにつけ、一方がひでよし公のしりおしをなされたのでもござりましょう。 ...
  • 理くつはつけようでござりますから、いちのかみどのゝ御苦心をおほめになるかたもござりましょうが、かりにも敵がたの大炮の役をひきうけられて、あろうことかあるまいことか、お主のわかぎみと北の方のいらっしゃるところへ玉をうちこむようなおかたが、なんで忠臣でござりましょうぞ。 ...
  • 従って、浪士と交って、京師へ参ることもござりますれば、女と、遊里に彷徨さまよっておることもござりましょう。
  • が、増田右衛門尉が道の途中に待ち構えていたらしく、馬から飛び下りて輿の前に畏まり、以ての外の御機嫌でござりまするぞ、ついては一先ず高野山にお忍びなされ、いさゝかも野心なぞおありなさらぬ趣を仰せ開かれましたなら、やがては御疑念の晴れる時節もござりましょうと云う。 ...
  • 上方のめずらしいお話もござりましょう。 ...