もかくや

229 の用例 (0.00 秒)
  • 牛もかくやという徐行ではあったが、それでも固いシートの上の揺れようは嵐の海のボートのようだ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • ただし、アラビアの仙女たちの食事もかくやと思われる類いの東洋風の料理であった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • 膚はミルクさながらの白さで、繻子しゅすもかくやと思われるほどの柔肌やわはだだった。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • 唇はあかく小さく、もの言う声は天上の迦陵頻伽かりょうびんがもかくやと思われるばかりだった。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • まぶただけでなく、試合後しあいごのボクサーもかくやというほどに私の顔は膨張ぼうちょうしておりました。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 03』より引用
  • この新しいバイブルを、弟子たちに語るパウロもかくやと思われるような調子で読んでやったのである。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(下)』より引用
  • 黄泉よみへの道もかくやというような暗く長い洞窟である。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 地獄の鬼のすすり泣きもかくやと思われる奇怪な声だ。 高千穂遙『美獣 神々の戦士』より引用
  • ひじりと世の常の人との別もかくやあらん。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • 曇っているのか星明かりがなく、あたりは死の淵もかくやというほどの暗黒である。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 時計塔の周囲は中国の天安門もかくやという石畳の広場で、五万のプレイヤーはほぼ同時にそこに出現することになっていた。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • のしかかる言葉の数々は、船体を押し包む水圧もかくやと思わせる重さだった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • かくて富める国はいよいよ富み、地球連邦もかくやという大国へと発展していくのである。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ02 ダーティペアの大逆転』より引用
  • その時、煙の背後から、恐竜もかくやと思われるような咆吼ほうこうとどろきわたった。 川又千秋『天界の狂戦士』より引用
  • 通勤ラッシュもかくや、という混み具合に、さすがに堂花も閉口した。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • そこにあったのは、戦闘中もかくやという真剣な目つきで赤い木の実を見据えているキリトの姿だった。 九里史生『SAO Web 外伝02 Four Days』より引用
  • 塗炭とたんの苦しみもかくやという表情であった。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 彼の力は食人鬼オーガーもかくやというほどで、その怪力で振り下ろされた杖は、巨大なハンマーほどの破壊力がある。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • さて次はどうなるだろうと思うと、こめかみにピストルを当てがって自殺を図る男の気持もかくやはという感じがしたよ。 ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • 確かに、鏡の中の自分は、まるで何日も血を飲めずにいる吸血鬼もかくや、という感じである。 赤川次郎『殺意はさりげなく』より引用
  • 次へ »

もかくや の使われ方