もかくやと思は

4 の用例 (0.00 秒)
  • 西郷隆盛もかくやと思はれるくらゐであつた。 太宰治『津軽』より引用
  • 川の附近の田畑数町歩一面に、激戦地の跡もかくやと思はせるほど、巨大の根株や、丸太が散乱してゐる。 太宰治『津軽』より引用
  • 兎に角女異人と舞子の群は、その共にでこでこした濃厚の裝束で西班牙のスロアアガの畫もかくやと思はれる美しい畫面を形造るのである。 木下杢太郎『京阪聞見録』より引用
  • こゑわめこえあはれ救助たすけもとむるこゑは、すさまじき怒濤どとうおと打交うちまじつて、地獄ぢごく光景ありさまもかくやとおもはるゝばかり。 押川春浪『海島冒険奇譚 海底軍艦』より引用