もかくやあら

4 の用例 (0.00 秒)
  • ひじりと世の常の人との別もかくやあらん。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • エルバ・リーアが仕立てた船の船長など、初恋の女性の前に出た少年もかくやあらんといった様子で、彼に傾倒する姿は、ケアルには驚くよりもかえっておかしいほどだった。 三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』より引用
  • 故に日中には労に当り自らも大なる困苦を覚ゆるも、少しも屈せずして実行するには、あだかも地獄の苦みもかくやあらんと思うのみ。 関寛『関牧塲創業記事』より引用
  • 社長を上座に、ぐるっと大円陣の前には酒さかなの美事な膳部がならべられ、自慢の肉体をお揃いの浴衣ににおわし膝をそろえた盛大さは、さながら女親分の総会もかくやあらんというありさま。 小野佐世男『ストリップ修学旅行』より引用