もう大分

249 の用例 (0.01 秒)
  • するとその中からはもう大分古くなつた人形芝居の道具が出て来ました。 牧野信一『首相の思出』より引用
  • その件について深く考えることをやめたのは、もう大分昔のことだった。 虚淵玄『沙耶の唄 離別エンド』より引用
  • ウイルソンももう大分落ち着いてきたので、やっと彼は家に寝に帰った。 フィッツジェラルド/佐藤亮一訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 彼女はもう大分前に行ったのだから、そろそろ帰って来ていい時分である。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • もう大分前のことだったが、私はこういう文字を読んだことがある。 北条民雄『眼帯記』より引用
  • もう大分以前から、僕の頭の中では小説について警報がいつも鳴っている。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • そのころはもう大分まえからわしは良人おつとらしい愛撫あいぶを示さなくなっていた。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(下)』より引用
  • 夜はもう大分遅かつたが、猿猴橋を渡ると、橋の下に満潮の水があつた。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • それに、もう大分暗くなっていたし、雨でも降って来そうな空だったのだ。 赤川次郎『殺意はさりげなく』より引用
  • 東京にいた時、人生をもう大分、わかっているような顔をしていた。 遠藤周作『協奏曲』より引用
  • 夜はもう大分遅かったが、猿猴橋えんこうばしを渡ると、橋の下に満潮の水があった。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • やっとのことで岬のふもとに着いた時は、太陽はもう大分高くなっていた。 ヴェルヌ/波多野完治訳『十五少年漂流記』より引用
  • もう大分明るくなって来てはいたが、霧はやっと晴れつつあるところだった。 赤川次郎『逃げこんだ花嫁』より引用
  • その女から待合開業の通知を受け取ったのは、もう大分前のことであった。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • ほんの十四、五日というつもりで暇をやったのに、もう大分になる。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • 私はもう大分前から、長男と歩くときはすべて彼に任せきりである。 尾崎一雄『暢気眼鏡』より引用
  • 一階で降りると、もう大分暗くなりかけた自転車置場へと行ってみた。 赤川次郎『怪奇博物館』より引用
  • 四十代の半ばのはずだが、もう大分髪も白くなって来ている。 赤川次郎『本日は悲劇なり』より引用
  • 私はもう大分長い間生きて、生活にも慣れて来たやうだった。 原民喜『童話』より引用
  • 父は銃器工場に勤めている腕のいい職工でしたが、もう大分前に死にました。 シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』より引用
  • 次へ »