もう夙に

6 の用例 (0.00 秒)
  • そして震災のときはもうとうにそんなものなくなっていて、倉が立っていました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 金箔はもうとうに日本画の世界から消えて居ります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • おやと気がついたときはもうとうに引導をわたされている。 宮本百合子『舗道』より引用
  • 五月九日 『万葉秀歌』はもうとっくについていなければならないのに、うちにゴロゴロしていて本当に御免下さい。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 肥料にする干魚の臭や繭の市場の臭ひのする中に商賣に拔目のなささうな町の人間はもう夙に起き出でて、その日の業務に就いてゐる。 近松秋江『湖光島影』より引用
  • 其樣そんことは、もうとうってゐる。 坪内逍遥『ロミオとヂュリエット』より引用