もう夕飯

20 の用例 (0.00 秒)
  • もう夕飯の支度したくをしなければならない時間になっていた。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • Kのおじさんは役所から帰って、もう夕飯をしまって、湯から帰っていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • Kのをぢさんは役所から歸つて、もう夕飯をしまつて、湯から歸つてゐた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • もう夕飯もすんだので、見知らぬ人達は寝室へ案内してほしいと言いました。 三宅幾三郎『ワンダ・ブック——少年・少女のために——』より引用
  • 為作はもう夕飯のことも忘れていた。 田中貢太郎『放生津物語』より引用
  • 市で見た親子はもう夕飯を食べ終えただろうか。 川上弘美『センセイの鞄』より引用
  • そのうちに子どもたちは、もう夕飯ゆうはんのときになったので、家へかえらなければならないことに気がつきました。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • もう夕飯に近い時刻だったが、彼らが門口を這入ると、急に家じゅうが忙しそうになった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 二本めのダイブを終え、一旦いつたん部屋に帰ってシャワーを浴びれば、もう夕飯の時間だ。 久美沙織『SPEAK EASYの魚たち』より引用
  • たぶん、もう夕飯くらいの時間なんだろう。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第3巻』より引用
  • もう夕飯は食べただろうか。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • これをそのまま持っていってもいいなとは思ったものの、もう夕飯を済ませていてもおかしくない時間になっていたし、唐揚げだけではさすがに石飛さんも目が点になるだろうからということで、自分で平らげてしまった。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 殊にもう夕飯の時分になったので、半七はお亀にたのんで近所から鰻を取って貰った。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • もう夕飯ゆうはんの時間だろうな。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • みんなもう夕めしを食うんだから帰るべ。 三好十郎『樹氷』より引用
  • シゲ子と矢須子はもう夕飯をすまして蚊帳を吊り、縁側に腰をかけて涼んでいた。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 一人前の水夫になりかけていた、水夫見習は、もう夕飯の支度に取りかからねばならない時刻になった。 葉山嘉樹『労働者の居ない船』より引用
  • そして、講演とサイン会をえると、もう夕飯の時間でした。 安部譲二『賞ナシ罰アリ猫もいる』より引用
  • もう夕飯時だろう。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • もう夕飯はすんでいるらしい。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用