もう夏休み

23 の用例 (0.00 秒)
  • 小学校はもう夏休みに入っているはずなのに、声すら聞こえない。 野村美月『文学少女シリーズ09 “文学少女”と恋する挿話集1』より引用
  • それで朋江は、もう夏休みで家にいる二人の子供を頭に浮かべた。 夏樹静子『紅い陽炎』より引用
  • ハルヒはこれでもう夏休みが終わっていいとは、心底思っているわけではない。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • 休み始めてから一月半が経ってしまい、もう夏休みも見えてきてしまいました。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • やっとお許しが出て、物置から出してもらった時には、もう夏休みが始まっていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • もう夏休みは目と鼻の先にぶら下っていた。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • この手紙が着くころには、もう夏休みでしょうね。 三田誠『レンタルマギカ 第02巻 魔法使いVS錬金術師!』より引用
  • 緑の芝生の中に、白いパラソルの列がそろそろ見え始めると、もう夏休みになったという気がしたものである。 中谷宇吉郎『楡の花』より引用
  • 試験しけんが終わればもう夏休みを待つだけだった。 新井輝『ROOM NO.1301 03 同居人はロマンティック?』より引用
  • それが終わってしばらくすれば、もう夏休み。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 日大芸術科の写真科に入ったけれど、もう夏休みだと勝手に帰って来たサボリ男で、その隣が三村節子さん。 梶山季之『わが鎮魂歌』より引用
  • 子供たちはもう夏休みである。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • 世間はもう夏休みに入っていたが、予備校は夏期講習があるから、その時期は普段にも増して忙しい。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • もう夏休みに入ったが、演劇部の合宿が来週からある。 赤川次郎『フルコース夫人の冒険』より引用
  • もう夏休みに入ったのか。 加門七海『203号室』より引用
  • その際、日本代表監督の辞任を表明したものの、その後の予定が決まっていない岡田に対し「いつまでも浮草のようにフラフラしてないで、もう夏休みは終わりですよ」と声をかけたという。
  • 明日あしたからはもう夏休みだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第03巻』より引用
  • こんな主観的な怒りは鎮めよう、もう夏休みだもの。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 学校はもう夏休みだ。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • 日付が変わればもう夏休みだっていうのに、ラヴもコメディもないなんて負け犬すぎる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 次へ »