もう取り返し

100 の用例 (0.01 秒)
  • そうして腹の中で余計な事を云って、もう取り返しがつかないと思った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 偽りでこの世をすごしてしまったら、もう取り返しがつきませんからね。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • しかし、言ってしまった以上はもう取り返しのつかないことだった。 井上靖『崖(上)』より引用
  • お気の毒な、いい奥さんだが、今となってはもう取り返しはつきませんよ。 チェーホフ/中村白葉訳『桜の園』より引用
  • もう取り返しのつかないほどミンナから悪く思われたことと、彼は考えていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 一度支払ってしまった代償は、もう取り返しがつかないのだということも。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • もう取り返しがつかないとしたら、パズル探しを真剣にやらなければならない。 山田悠介『パズル』より引用
  • 云つてしまつたら、もう取り返しのつかないことがあるわよ。 岸田国士『驟雨(一幕)』より引用
  • それに、そうなったとしても今さら、もう取り返しのつかぬことじゃないか? 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • いくら後悔こうかいしても、もう取り返しのつかないところまできている。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 聞こえてくる子供たちの歌を聞きながら、医者はもう取り返しが付かないのだと考える。
  • この人が怒ったら大変だということは、よくよく知っている私ですが、もう取り返しがつかん。 井崎博之『エノケンと呼ばれた男』より引用
  • 新聞記者へ言ったことはもう取り返しがつかない。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • これはもう取り返しようのないものだと悟ったのである。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • ハテと私も直ちに自分の過ちに気づいたけれど、もう取り返しがつかない。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • 自分の最後の願いを果たさないうちに、もう取り返しのつかぬことになってしまうのではあるまいか。 ヘッセ/芳賀檀訳『漂泊の人(クヌルプ)』より引用
  • しまったと思ったがもう取り返しがつかない。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • お互いの心の内をストレートに伝え合うことができたから、もう取り返しのつかないほど仲が悪くなってしまった。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • それを長く放つておくと、もう取り返しのつかない事になる。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • うつろな音が俺の耳朶じだひびいたときには、もう取り返しがつかない事態じたいが起こってしまったあとだったのだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • 次へ »

もう取り返し の使われ方