もうかん

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その人間の姿を見なくなった瞬間から、私はもうかれのことなどは考えない。 ...
  • 必ずもうかる運営の才能をと、もうひとつの願いを追加しなければならない。 ...
  • で、そういうのがいると、まわりの男はたいていもうかった気になる。 ...
  • 道理に合わないとは知りながら、彼女はもうかれの身を案じ始めていた。 ...
  • もうかれとても自家おのれの運命の末がそろそろこわくなって来たに違いない。 ...
  • 神社におまいりして、もうかったこともあるが、そうでない時もある。 ...
  • よほど大量で、良好な保存でないと、もうかるという額にはならない。 ...
  • 一時期、農業はもうかるというので大商社が企業的農業に手をつけた。 ...
  • この手でなんとか、ふたりでやってけば、もうかる目処めどはついたんだ。 ...
  • 時間のっていくのなどはもうかれにはわからなくなった。 ...
  • どうやら暮らしもたてられるし、生活費以上にもうかっていくんです。 ...
  • 面白いことをやって、そのうえ金がもうかるのならこんなにいいことはない。 ...
  • もうかれがわたしといっしょにくるだろうことはわかった。 ...
  • そんなものを書いても今の日本では学位も取れず金ももうからないためかもしれない。 ...
  • 彼女は、物書きというのはもうかる仕事であると信じこんでいる。 ...
  • ほどほどにしておいても充分にもうかるのだから。 ...
  • とするとこの宇宙港では、もうかれには仕事がないことになる。 ...