みょうみ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 草野球の監督というのは、なかなかに妙味のある仕事であり遊びである。 ...
  • 皆の手が出ないときにやってこそ、商いの妙味があるんじゃないかな。
  • その書物の原文の妙味を味わい得るくらいにはギリシャ語の力があった。 ...
  • これがうまくゆきさえしたら、じつに未聞の妙味ある戦略というものだ。 ...
  • 買って悪いとは言わないが、あれは自分で握って食べるところに妙味があるのだ。 ...
  • 馬のスピード、馬の呼吸が客と一緒になるところに妙味がある。 ...
  • 孔明の大畧を領すといふのも、領すといふところに妙味があるのである。 ...
  • 椿岳の画の妙味はその畸行と照応していよいよ妙味を深くする感がある。 ...
  • 草野球の監督というのは、なかなかに妙味のある仕事である。 ...
  • わたしたちの生活の妙味つきぬところであると思います。 ...
  • そのあたりが人生の妙味といえるのだろうと思います。 ...
  • したがって、そのうれしはずかしな妙味を逐一書くことはさし控えたい。 ...
  • 古調のいい難い妙味があると共に、意味の上からも順直で無理が無い。 ...
  • 実になんでもないことだが、あすこの前後の時間関係に説明し難い妙味がある。 ...
  • 文山は酒を好み、酔うほどに筆に妙味が出ると言われていた。 ...
  • しかも、逃げ馬は人気薄のときのほうが勝つ率が多く馬券的にも妙味がある。 ...
  • 東洋産のレースは妙味のある商品でなくなりはじめていた。 ...