みじかけれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • もう一方の声が、よくわかったとでもいうようになにかみじかく答えた。 ...
  • この時代の砲は射程がみじかいため、軍の先頭をゆくのが常識であった。 ...
  • そのみじかい言葉のなかに赤兵衛の半生の奉公を謝したつもりであった。 ...
  • 何人かの客が食事をおわり、カウンターのまえにみじかい列をつくった。 ...
  • みじかくても一日、へたをすれば二日ふつか三日みっかたっているかもしれない。 ...
  • 彼は一日に何度かまだ自分がどこにゐるかをも忘れてゐるやうなみじかい時間があつた。 ...
  • 人間が何人いようと、みじかい時間なら、目をくらますのはわけはない。 ...
  • 上のほうには環があり、そこに一連のみじかい腕が固定されている。 ...
  • 母は自分でも娘のころというものが、大へんみじかかったといってなげいていた。 ...
  • どちらかといえば太くてみじかい首が胴長な躯につづいているせいでした。 ...
  • その小さな腰を、みじかめの腰衣でおおっている以外はまったくの裸体だ。 ...
  • この前の面会からの半年間は、長くもみじかくも感じられなかった。 ...
  • なにしろわたしは、家族の中で、いちばん寿命じゅみょうがみじかいんですからね。 ...
  • だが、そんな思考が出来たのも、みじかいトンネルを抜けるまでであった。 ...
  • あんな人と、みじかい間でも、いっしょにいることができたなんて。
  • この旅程は、一年のうちでもっとも日のみじかい季節の記録である。 ...
  • 「たれだ」 と、庄九郎は槍をみじかく構えて板の上をすべって行った。 ...