ま国体

36 の用例 (0.00 秒)
  • 富山県で開催された2000年とやま国体にあわせ、1996年5月に開設された。
  • しかし、2005年の晴れの国おかやま国体等の巨大な看板として使われるなどしばらく閉館状態が続いていた。
  • 設立の翌年でとやま国体が開催された2000年に参加各ケーブルテレビ局を結ぶ光ケーブル回線を構築した。
  • 同2005年の「晴れの国おかやま国体・高校硬式野球の部」では、田中将大と対戦した。
  • 晴れの国おかやま国体にあわせ笠岡湾干拓地に岡山県と笠岡市が共同整備、施設は県が所有し運営管理は笠岡市が受託して行っている。
  • その後、2005年には晴れの国おかやま国体が開催され、県全体としてスポーツに対する関心が高まった。
  • 高校入学以来の目標だった地元・岡山で開催された2005年晴れの国おかやま国体では選手宣誓そして大会最終日の3000mにおいて会場総立ちの喝采を受けながらゴールし、地元に唯一の優勝をもたらした。
  • 高校3年次には千葉県選抜としてふくしま国体少年部門優勝、U-18日本代表にも選ばれた。
  • 高校2年次の2000年に宮崎県選抜チームに選出されて2000年とやま国体に出場し、ベスト4を経験した他、大会優秀選手に選出された。
  • その後進学した長崎県立国見高等学校では3年次に主将を務め、第35回全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会・2000年とやま国体サッカー競技・第79回全国高等学校サッカー選手権大会の3大会で優勝を経験した。
  • 当初は2005年3月15日までの予定であったが、10月に晴れの国おかやま国体が開催されることもあり大規模イベント時の利用状況等を把握するために実験期間が徐々に延長され、2006年3月31日まで設置・追実験された。
  • 東洋大学時代の2002年に学生横綱を獲得して幕下付出の資格を得たが、2005年に地元で開催される晴れの国おかやま国体に出場するため卒業して直ぐの大相撲入りは断念した。
  • また、当施設は年間約9万人が使用し、主に武道競技が中心で、2009年まで毎年開催された都道府県対抗全日本女子柔道大会や2005年の晴れの国おかやま国体の会場としても使用された。
  • 福島県へのFM周波数割当て後、ラジオ福島の存在やラジオ福島の親会社でもある福島民報と福島民友の争い等の関係から一本化調整が長年に渡って難航し、開局が大幅に遅れていたが、ふくしま国体が開催されることを期に一本化調整がまとまり、ふくしま国体と同年の1995年にようやく開局した。
  • これに伴い、当体育館は牛島体育館に名称変更し、2000年とやま国体を見届けて解体された。
  • 高校時代には同学年だった李冽理と公式戦での対戦経験の他、2000年とやま国体では、決勝で当時習志野高1年生の粟生隆寛を降しての少年フェザー級での優勝経験がある。
  • 道の駅はすさみICの供用開始と紀の国わかやま国体に合わせるように2015年9月末の完成を目指している。
  • 発表当初は岡山県郷土文化財団が作成したカセットテープの自主頒布が行われていたが、2005年にはカセットテープの在庫切れと晴れの国おかやま国体の開催に合わせて行進曲調の編曲2種を追加したCDが新たに製作されている。
  • また、2015年開催の紀の国わかやま国体・2017年の愛顔つなぐえひめ国体の馬術競技の会場となる。
  • その後、2005年の晴れの国おかやま国体の開催に伴う岡山県総合グラウンドの再整備に先行して発掘調査が行われ、弥生時代後期の高床倉庫の建築部材などが検出された。
  • 次へ »

ま国体 の使われ方