まるで廃屋

10 の例文 (0.00 秒)
  • まるで廃屋のような女中部屋である。 ...
  • 町の中をゆく旧東海道には人の姿はなく、長屋家の広々とした屋敷も、まるで廃屋のように人の気配が感じられない。 ...
  • まるで廃屋で目の前の蜘蛛くもの巣を破りながら先へ進むような気軽さで、腕が振るわれる。 ...
  • まるで廃屋のような女中部屋、黒いよろい戸がおりていて、石鹸のような外国の臭いがする。 ...
  • まるで廃屋そのものなのである。 ...
  • 所轄からの報告だと、その清和ハウスというのは、細い曲りくねった路地の奥にある、まるで廃屋一歩手前の木造ボロアパートだとのことだ。 ...
  • ちく三十年以上は確実なコンクリート製の白い校舎が、真っ黒なやみの中にボウっとかびがって、見る角度によってはまるで廃屋はいおくみたいに見える。 ...
  • 造りは素朴そぼくでも、それなりの由緒ゆいしょある風格を持った屋敷だったが、今は、ガロウ・ランの本陣と化して、まるで廃屋はいおくのように乱雑だった。 ...
  • それに、漆喰しっくいった外壁がいへきは、黒緑色のこけがむし、まるで廃屋はいおくのような雰囲気《ふんい き 》だった。 ...