まるっこ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 人間とは似ても似つかないながら同様に器用な昆虫様の爪とまるっこい指だ。 ...
  • あの男は、骨をもらう犬のように、女のきれいなまるっこい足を待っていたのでしょうな。
  • だが、顔は血色のいい童顔で、濃い眉毛まゆげとまるっこい目をもっていた。 ...
  • 残ったのは惟之と直人ともう一人、小肥りのまるっこい指をした男だけになった。 ...
  • そう感じさせるものが、彼女の体躯に、殊にそのまるっこい背中にあったのだ。 ...
  • シジュウカラはまるっこいからだで忙しく枝うつりしてやがてどこかへ飛んでいった。 ...
  • その奥に、小さくて黒い、まるっこいものがかすかに、うごめいた。 ...
  • まるっこい肩の肉が私の胸で、護謨毬のようにはずんでいた。 ...
  • 指が太く、手全体がまるっこく、黒い毛がもじゃもじゃ生えている。 ...
  • 青みがかったダイヤモンドで出来たようなまるっこい全身に、光で出来た波紋はもんが走る。 ...
  • また、同記事中では「小柄で、顔も体もまるっこい、しかし男みたいに生きのいい女性」と紹介されている。 ...
  • わりに毛深くて困ると云って、実は毛の少いまるっこい二つの腕をまくってみせた。 ...
  • まるっこい頭をちょっと上げ、黒く円らな瞳で拓海をみつめるテティス。 ...
  • 命の源は、一つのいのちのその中に、まるっこで在るのです。 ...
  • 着物の裾からはみだした母の脚は白くてまるっこい。 ...
  • その子はまるっこい字で、そこに必要事項を記入した。 ...
  • おまえのような、小さな、まるっこい犬ころがね! ...