まともに見よう

17 の例文 (0.00 秒)
  • ルシウス・マルフォイが、臆面もなくハリーの顔をまともに見ようとは。 ...
  • 彼はその夜なすべき自分の行為を、十五分ほどまともに見ようとしないでいたのだった。
  • 及川恭子は伏し目がちで、九野の顔もまともに見ようとはしなかった。 ...
  • しかし、焔の顔をまともに見ようとする者さえいなかった。 ...
  • 最初から最後まで、 まともに見ようともしなかった。 ...
  • しかも、あの話をしている間中、住職の妻は一度も蛍子の目をまともに見ようとはしなかった。 ...
  • こいつのおかげで、ぼくの頭はまだぼくの肩の上にのっかっているわけだが、こいつの顔をまともに見ようとしたら、ぼくの目は蔑視感からそらされてしまうだろうよ! ...
  • さつきの顔をまともに見ようとしない姫の挙動で、さつきは事実上の結婚式が昨夜無事終ったのだと思った。 ...
  • テーブルで最後の五分間に起こった断片的な出来事のなかで、私の記憶に残っているのは、いつの間にかローソクがふたたび灯されていたことと、私がみんなの顔をまともに見ようと意識しながらも、みんなの目を避けていたということである。 ...
  • 元々、状況に対して怯えている雰囲気のある女の子だったというか、常におどおどしているきらいのある子だったが、今はもう彼女は、空々の顔をまともに見ようともしない。 ...
  • 岩井はみどりの顔をまともに見ようとはしなかった。 ...
  • そこに、もうこの世を去った母親の亡霊が見えるのですが、血潮のすぐ間近に、ものもいわないで坐っています、それに自分の息子を、まともに見ようとも、話しかけようともせずに。 ...
  • 「お呼びたてしておいて、申し訳ありませんでした」 びているのだが、火村や私の顔をまともに見ようとしない。 ...
  • すぐに視線しせんをそらし、ボクをまともに見ようとしない。 ...
  • 「そうだよ」ドナルドは一度もアイリン・リューズをまともに見ようとはしなかった。 ...
  • 「昨日、本社から連絡があってな、市況がいよいよわるいから、材の価格をもう一度、おっことせ、といってきよってね」 鶴井は、フランクの顔をまともに見ようとはせず、専ら石山に話しかける格好をとっている。 ...