まだ全然

99 の用例 (0.00 秒)
  • この物語における最も主要な人物でさえこの巻ではまだ全然現れていない。 ディケンズ・チャールズ『二都物語』より引用
  • それに較べると日本などまだ全然消耗していないと言っていいであろう。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • いつかは自分の店を持ちたいと思うけど、まだ全然具体的じゃない。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • それにつけても日本ではまだ全然飛ぶ飛行機がないとは、どういうわけなのだ? 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • それでもまだ全然間に合わないとは思えないので、熱心に時計に注意している。 和辻哲郎『停車場で感じたこと』より引用
  • あなたは眠りからまだ全然抜けきれないようですね。 原田義人『城』より引用
  • 私の考えは、いまのところまだ全然社会に受け入れられる余地はないようであった。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(下)』より引用
  • 全身の血が頭に上ってしまったと見えて、統一のとれた行動はまだ全然とれて居らない。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • また生活の困難もまだ全然恐れる必要はありませんでした。 原田義人『城』より引用
  • しかしその年はまだ全然実入りがなかったのではなかった。 新美南吉『最後の胡弓弾き』より引用
  • 彼女はまだ全然といっていいほど頭がぼけていなかった。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 自分はまだ全然攻撃されておりません。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • 東京のなかでさえまだ全然知らない私は、近県の地理などわかるはずもなかった。 日野啓三『あの夕陽』より引用
  • そうしてまだ全然の無根というところまで、突き留められてはいないのである。 柳田国男『山の人生』より引用
  • が、私にはそんな女の気持はまだ全然理解できない。 外村繁『澪標』より引用
  • なによりも浮名がまだ全然へっちゃらそうなのが腹の立つ。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • この日は彼はまだ全然合図をよこして来なかった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • まだ全然ボケてなんかいないと言うべきであろう。 清水義範『家族の時代』より引用
  • 夢の中の姉妹だけでなく、現実の利子なる友達も今どうしているのか、まだ全然触れられていないではないか。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 暗殺者達あんさつしゃたちが失敗して以来、とんとそういう騒ぎはないが、かといってまだ全然安心出来ないのは誰の目にも明らかだった。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • 次へ »