ますます多くなり

20 の用例 (0.00 秒)
  • あるいはむしろますます多くなって来たのであります。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 必要やむをえない懲らしめを与えなくてはならぬ場合がますます多くなった。 モーム/田中西二郎訳『幸福』より引用
  • そして、金をとることがますます多くなって、商人のすることにかなっていた。 田中貢太郎『黄英』より引用
  • テムズ川に近づくにつれて、道路の障害物はますます多くなった。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • 三月に入って、「近衛が後継内閣の噂の人になる」ことがますます多くなった。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • しかし書籍出版の部面では粗悪な仙花紙の使用がますます多くなっている。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 今後は、この手の事件がますます多くなり、手口も複雑、巧妙化する。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 凶悪事件が、ますます多くなるような気がするからだった。 西村京太郎『私を殺しに来た男』より引用
  • 人生の問題に無頓着むとんちゃくでいられない人々の間にはねこいらずの妙な需要はますます多くなるかもしれない。 寺田寅彦『ねずみと猫』より引用
  • 考えてみると,若い世代のなかに,「反射的」な人間がますます多くなっていくような気がする。 高橋長雄『からだの手帖』より引用
  • 中央同盟国は、もはやこれ以上長期化する戦争には勝利することはできないこと、到着するアメリカ軍はますます多くなるのが確実なことを悟っていた。
  • これに反して陵墓の数は次第に増して、墓守の需要はますます多くなって来る。 喜田貞吉『特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ』より引用
  • それに、最近は年上の娘である十歳のポーリャを相手に話をする回数も時間もますます多くなってきていた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』より引用
  • そして、自分のしていることを考えないでいられる、あの無意識状態の瞬間が、ますます多くなっていた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • そしてお詣りに来る人も、ますます多くなりました。 豊島与志雄『長彦と丸彦』より引用
  • そんな話をしているうちにも、通行人の数はますます多くなり、店々の前に立って客を呼ぶ男の声も活気づいてきた。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • その数は、ますます多くなってきた。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(下)』より引用
  • しかし私が仕事場へ籠る時間はますます多くなって、今では家で寝ることができるのは、月に二日か三日になってしまっている。 半村良『セルーナの女神』より引用
  • 雨は降りつづいており、東へ進むにつれてそこに混じる湿った大きな雪片はますます多くなった。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 今度、田舎へひっこんでから、彼女はこの喜びを感ずることが、ますます多くなってきた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用