まさに千載一遇

8 の用例 (0.00 秒)
  • 一国民がこのような総統を戴くのは、まさに千載一遇ともいうべきである。 五味川純平『御前会議』より引用
  • そこに現れた自分という存在は、まさに千載一遇せんざいいちぐうのチャンスに思えるのかもしれない。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • そのとき彼は、まさに千載一遇の好機を得ていたのだ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • 不敬なことではあるが、そういう幸運に恵まれたら、まさに千載一遇の機会と言うべきであり、何をいてもこの機会にけるべきであった。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • ディオンは自分の勢力や、親類としてのディオニュシオス2世との関係、彼自身の哲学への意欲を含め、その時がまさに千載一遇のチャンスだと考えていた。
  • その甲斐あってか、はからずも今度は私の車が車検だと知り、まさに千載一遇のチャンスとばかり、谷啓の奴はフジテレビの玄関の前で私を待ちうけていたわけだ。 青島幸男『わかっちゃいるけど… シャボン玉の頃』より引用
  • 歴史に一エポックを画するような、この新しい時代の生誕の場に、ちょうど、ぼくが立ち合うことができたという、このチャンスは、まさに千載一遇のものだった。 ウェルズ/赤坂長義訳『月世界最初の人間』より引用
  • まさに千載一遇のチャンスだ。 池上永一『レキオス』より引用