ぼんやりと考えこん

17 の例文 (0.00 秒)
  • いつかまた、としちゃんは、ひとりぼんやりとかんがえこんでしまったのです。 ...
  • チェホフは更にしばらくの間、ぼんやりと考えこんでいるようだった。 ...
  • その看板の前に立って、おれはぼんやりと考えこんだ。 ...
  • しかし、多くの場合、かれはただぼんやりと考えこんでいた。 ...
  • 彼は、砂の上に腰をおろして、ぼんやりと考えこんだ。 ...
  • 瓊英はそのまま腰をおろして、しばらくのあいだぼんやりと考えこんでいたが、やがてようやくとこについた。 ...
  • 菜の花の匂いを送ってくる野風に肌をなぶらせつつ、いつか彼女はぼんやりと考えこんでしまっていた。 ...
  • 博士が重いステッキをついて、ふたたびゴトゴトと事務所の方へ帰ってくると、お君は頬杖をついてぼんやりと考えこんでいた。 ...
  • 崔晨はそれからその女を忘れることができず、毎日ぼんやりと考えこんでいて、食事も忘れるほどであった。 ...
  • 稀夢子はあらためて注文したコーヒーをゆっくりと飲みながら、しばらくぼんやりと考えこんでいたが、やがてステレオが男の声で帰りたくないのと歌い出したので腹を立てて店を出た。 ...
  • でもそのじつ奥さまには何か秘密のお悲しみでもおありになりますのか、よく悲しそうなお顔をして、ぼんやりと考えこんでいらっしゃいます。 ...
  • 裏口からのぞいて見ますと、兵十は、午飯ひるめしをたべかけて、茶椀ちゃわんをもったまま、ぼんやりと考えこんでいました。 ...
  • 「三津木、どうかしたんじゃないか」 同僚が心配して声をかけてくれるが、ううんと物憂さそうに首をふったきり、相変わらずぼんやりと考えこんでいる。 ...
  • いま署名したら、それできれいさっぱり片付くと思いながら、なお夜が深まる窓ぎわでぼんやりと考えこんでいる。 ...
  • バルサは戸をしめて、春の陽射ひざしにやわらかくてらされたにわにもどり、しばし、ぼんやりと考えこんだ。 ...
  • ふだんの朋江なら、それらを手荒く片づけていきながら、なんともいえない苛立いらだちに襲われて、独り言に毒づいてみたり、物をほうり投げることさえあったが、今朝の彼女は、何かしかけても意識がふとうつろになって、知らぬ間にぼんやりと考えこんでいる。 ...