ほんのり頬を染め

11 の用例 (0.00 秒)
  • グリゼルダは「ばかなことをいわないで」といってほんのり頬を染めた。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • ひたいに手をあてて、熱の具合ぐあいを確かめながら言うと、遠子先輩はほんのりほおを染めた。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • うろたえるぼくに、遠子先輩とおこせんぱいはほんのりほおを染め、ぽそぽそ言い訳した。 野村美月『文学少女シリーズ04 “文学少女”と穢名の天使』より引用
  • エリの言葉に、大の男が恥ずかしそうにほんのり頬を染めた。 三浦真奈美『風のケアル 第5巻 旭光へ翔ける翼』より引用
  • ほんのり頬を染めているおしまに、東吾が苦い顔をした。 平岩弓枝『御宿かわせみ 11 二十六夜待(にじゅうろくやまち)の殺人』より引用
  • 彼女は既にほんのり頬を染めていた。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • ちゃぶ台のうえには食いあらされた皿が乱れており、欣造も龍馬もほんのりほおを染めている。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • ハーマイオニーはほんのり頬を染めたが、「そんなこと、ラベンダーに聞かれないほうがいいわよ」と言っただけだった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • 「きれいな娘だこと」 「ありがとうございます、奥さま」娘はちょっと膝を曲げ、ほんのり頬を染めて答えた。 エディングス『ベルガリアード物語1 予言の守護者』より引用
  • ほんのり頬を染め、綾は村上の横にペタンと座った。 花村萬月『ブルース』より引用
  • ほんのり頬を染めたおみよの顔が、少々まぶしい。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用