ほんのりと頬を染め

21 の用例 (0.00 秒)
  • フォロンがそう答えると、少女はほんのりと頬を染めて嬉しそうに笑った。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • ほんのりと頬を染めて、千鶴さんは恥ずかしそうに、しかし素直に頷く。 前薗はるか『痕~きずあと~』より引用
  • ほんのりと頬を染めつつ、嬉しそうに厨房とテーブルを往復しているのだった。 谷川流『涼宮ハルヒ特別編 「ハルヒ劇場 act1」』より引用
  • ほんのりとほおめ、恍惚こうこつの表情を浮かべて言う美香さん。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • ほんのりと頬を染めて、美女は頷いたのだった。 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • と、倭文子はまぶしそうな眼でちらッとわらうと、ほんのりとほおを染めて瞳を他に転じた。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • タツ、いや、ここには芸者辰路が、笑った口に手をあて、酔いのためほんのりと頬を染めながら坐っているのだ。 古川薫『花冠の志士小説久坂玄瑞』より引用
  • それは私にとって罪悪ですから、と彼はつけ加えたが、しばしの沈黙の後、ひどく言いにくそうに「あなたはそんなことを考えていたのですか」とつぶやくと、ほんのりと頬を染めた。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • 竹下中佐は形見に他の一振をもらいながら、常日頃酒を絶っていた大臣がその夜にかぎりいつになく過し、ほんのりと頬を染めている姿に崇敬のまなざしを送った。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 壁に背をもたせかけ、二級酒でほんのりとほおを染めて彼一流のデパート論をぶつ時、一つの道一筋に歩いて来た男の、風霜に磨かれた年輪が感じられた。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 秋葉は、ほんのりと頬を染めて、恥ずかしそうにエヘヘと微笑んだ。 奈須きのこ『歌月十夜 38 初めての夜遊び』より引用
  • ただ、レインを見てほんのりとほおを染め、ちょっとうつむいた。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • ひとつも共通したところはないが、それでいて、おそろしいほどヴェルシーロフを思い出させる、とわたしが言うと、彼女はいつもほんのりとほおを染めた。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • 彼女は目をふせ、ほんのりとほおを染めた。 O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • やわらかなピンク色が、ほんのりと頬を染め、目はやさしく、うちとけていた。 O・ヘンリー/大久保博訳『O・ヘンリー短編集(上)』より引用
  • ほんのりと頬を染めて、楓ちゃんはうつむいている。 前薗はるか『痕~きずあと~』より引用
  • ほんのりと頬を染めている。 森博嗣『G 00 短編 刀之津診療所の怪』より引用
  • マユもほんのりと頬を染め、「ふぅん」と意地悪げに反亦する。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』より引用
  • ほんのりとほおを染めながらも、しじゅう微笑をたたえている智子には、身に備わる威厳のなかにも、こぼれるような愛嬌あいきょうがあった。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • 都古さんはほんのりと頬を染め、嫣然えんぜんと微笑む。 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用