ほぼ同年代

26 の用例 (0.00 秒)
  • ほぼ同年代の中国戦国時代でも石炭を使用した遺跡が見つかっている。
  • 頼盛と重盛は叔父と甥だったが5歳の年齢差で、ほぼ同年代といってよかった。
  • また明帝と宇文邕はほぼ同年代であり、個人的にも親密な関係にあったものと思われる。
  • 歳も四十一歳だから、竜介とほぼ同年代といっていい。 西風隆介『神の系譜Ⅴ 竜の時間 亡国』より引用
  • なお、ほぼ同年代の人物に童謡歌手の渡辺典子がいるが、全くの別人である。
  • 現在では、女性も経済力を付けたこともあってか、男女がほぼ同年代の場合、双方が半分ずつ費用を出すか、男性がやや多く支払う形式がほとんどである。
  • 松鶴襲名ころまではまさに他の四天王たちやほぼ同年代の噺家たちよりは頭ひとつ頭抜けた存在であったと評判であった。
  • 右手と左手の方へ、新しい寺院とはほぼ同年代と思える家屋に縁どられて、大きく道がひろがっている。 シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』より引用
  • また松方弘樹がほぼ同年代に『関東流れ者』というシングルを発売しているが、これも歌詞が異なる部分はあるものの同じ歌である。
  • 現実に、教興寺の戦いの時点で遊佐信教は三十代の半ばを越えており、高清と信教はほぼ同年代の人物であることから、高清が遊佐氏の中継ぎの人物という過去の評価は現在においては疑問視されている。
  • ほぼ同年代に、ハンガリーでネアンデルタール人が燧石を採掘し、武器や道具を作っていたと考えられている。
  • なお航空評論家の青木謙知とは立教大学の社会学部産業関係学科でほぼ同年代の出身である。
  • グラックス兄弟の中間でほぼ同年代である他、マルクス・トゥッリウス・キケロとは同郷者であった。
  • これはフマーユーン廟の建造とほぼ同年代である。
  • また、恵那市上村川上流域ではほぼ同年代に山体崩落があり、川を堰き止めて湖ができたことが分かっており、本断層の活動との関係が示唆されている。
  • 大分元町石仏から約600mほどの至近にあり、元々は両者ともに圓寿寺の敷地内に位置し、ほぼ同年代に造られたものと考えられる。
  • この三人が特にこう呼ばれたのは、若手の役者で、名前にいずれも「之助」がつき、ほぼ同年代、それぞれの父が菊五郎劇団ゆかりの大立者というほかに、彼らが特に親しい友人同士であったこともある。
  • 先述のいわゆる楽派第1世代の作曲家とほぼ同年代に当たるホラチウ・ラドゥレスク、イアンク・ドゥミトレスクはルーマニア人でありながらフランスへ渡り、本家とはやや趣を異にした形で作曲している。
  • フェルメールの『レースを編む女』は、ほぼ同年代のオランダ人画家カスパル・ネッチェルが1662年に描いた同名の作品『レースを編む女』と比較されることがある。
  • 異母兄のステファン・ウロシュ4世とは年齢的に20歳程度離れており、義兄弟となるニキフォロス2世ドゥカス・オルシーニとはほぼ同年代ということになる。
  • 次へ »