ほぼ全額

23 の用例 (0.00 秒)
  • そのため圧倒的に利益率が高く、同社の利益のほぼ全額を稼いでいた。
  • なお、このときの優勝賞金はほぼ全額悟空の食事代に消えた。
  • 沖縄科学技術大学院大学学園法に基づく特殊な学校法人により運営され、予算のほぼ全額を政府からの補助金に拠っている。
  • ぜいたくをしなかった東京時代の貯金のほぼ全額を支払った。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • ルイ11世は、費用のほぼ全額を負担して、内陣、翼廊、本堂を再建した。
  • 請求額は、2007年11月までの間に約2億円に達し、ほぼ全額が回収不能となった。
  • URは政府がほぼ全額出資しているが、2012年、会計検査院の調査を受け、大量の未利用地を抱える状況を改善するよう求められた。
  • グリーンチャンネルも、視聴料によって賄われるので民間放送に分類されるが、これを運営する一般財団法人グリーンチャンネルは日本政府が全額出資する特殊法人の日本中央競馬会がほぼ全額を出資しているため、実質的に政府の支配下にある。
  • これにより、自身が30年かけて築き上げてきたものをすべて失うこととなるが、その一方で個人資産のほぼ全額を使って社員がそれまで通りチェッカーモータースで働けるよう奔走した。
  • 美由紀が預金していたほぼ全額だった。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • キャップの売却益をほぼ全額寄付していると主張するエコキャップ推進協会であるが、全収入からみた寄付額は約50%で、残りの半分が運営費となっている。
  • JR西日本は新駅をつくる際、地元がほぼ全額負担するのが慣例だが、今回はJRが総事業費20億円中約2億円負担する。
  • 具体的には、特にスクールカウンセラーを未導入の私立学校に対し、日本臨床心理士資格認定協会がほぼ全額の経費支援を行い、私立学校側にとって低負担でのスクールカウンセラー導入機会を提供するものである。
  • 実際には、ストレイチーの行政手腕によってインドに築かれた健全財政それ自体が、財政収入によって、戦費をほぼ全額を賄えることを示す証拠であった。
  • また警察は顔写真だけでなく、逃走直前に預金ほぼ全額を引き出した金融機関や職場での高橋の顔が映った防犯カメラの映像、コンビニで弁当と菊地逮捕を報じる新聞を購入した際の防犯カメラの画像を公開した。
  • 借り入れ扱いの分は、会社から一駅離れた支店のキャッシュ・ディスペンサー《CD》で三回に分けて、そして普通預金の分は、やはりその近くの他行のCD機から二回に分け、千円未満を残してほぼ全額引き出されていたのだ。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • 小川がギャンブルに一晩で数千万円、億単位の金を突っ込み、警察から余罪で追及を受けたこともあって2年後の1978年、これまで小川が出資したほぼ全額を支払い、小川はオーナーを降りた。
  • なお、寛永20年に勘定奉行によって査検が行われており、その結果より寛永9年・13年に江戸城に移された金銀は100万両余りと推定されており、御三家に移されなかった金銀はほぼ全額が江戸城に入ったと推定されている。
  • マイクロソフトは配信部門についても投資の失敗を認めて、ほぼ全額を損失計上し、その後アトラスを売却した。
  • 同年内に援協は建設予算、運営予算、図面等の必要書類を総領事館を通じて外務省へ送付し、1976年度日本政府予算に提出予算のほぼ全額が計上され、下付されることになった。
  • 次へ »