ほとんど茫然自失

4 の用例 (0.00 秒)
  • ほとんど茫然自失ぼうぜんじしつな状態のまま教室にもどってきて授業を受けて。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • 読みながら、あらゆる行間で、私はほとんど茫然自失し、眼の前が次第に真暗になっていったのを覚えている。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • ほがらかな笑顔でうなずくと、ほとんど茫然自失ぼうぜんじしつの峻護をつれて悠々ゆうゆうと歩き始める。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 06』より引用
  • ほとんど茫然自失ぼうぜんじしつていだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!04 終わるデイ・バイ・デイ(上)』より引用