ほとんど無理やり

12 の用例 (0.00 秒)
  • 集まりのあとで彼の部屋に誘われ、そこでほとんど無理やりに犯された。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • まず彼は小松の立てた危険な計画に、ほとんど無理やりにひきずり込まれた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 幸雄は母の手を取り、ほとんど無理やり部屋からつれ出した。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • そして蒼は結局深春のいうとおり、京介にせがんでほとんど無理やり連れてきてもらったのだ。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 午前中のこの時間のあいだ、メグレは真実をごくわずかずつ、ほとんど無理やりにもぎ取っているような気がした。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • 週に二回は美代子と寄り道する、この辺の子には昔っからおなじみの甘味屋に、あたしは松澤さんをほとんど無理やりに招待していた。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 番外編 ひみつメランコリー』より引用
  • いやがる大河をほとんど無理やりに抱えるようにしてなんとか背中に背負い込み、竜児は商店街のはずれを目指してけ出した。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ』より引用
  • 甲賀の自伝『世に出るまで』では自ら進んで科学の道を選んだように書かれているが、子息俊郎によると本人は文科に進みたかったものを、「文科など卒業しても職がない」という当時の情勢を恐れた両親が、ほとんど無理やりに理科に進ませてしまったのだという。
  • 私はそのことについてメアリにいって聞かせたいなどとは毛頭考えなかったが、逆らう間もなく、精力的で、気のはやいわが妻に、ほとんど無理やり台所に押しこまれてしまった。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • モリスコの老人がほとんど無理やりに一行の上着をつかんで家の中へ引っぱり込み、モリスコ風ではなくキリスト教風にもてなしたいという態度を示した。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • 香子の手をほとんど無理やりに引っつかんだ。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』より引用
  • ほとんど無理やりメニューを受け取らされる。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用