ほとんど同時

321 の用例 (0.00 秒)
  • 少佐が到着したのは、西四十七番街署の刑事たちとほとんど同時だった。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • 叫び声を上げたのと、足音が一気に迫ってきたのはほとんど同時だった。 初野晴『水の時計』より引用
  • ムジナが二本足立ちになって警戒けいかい音を発したのとほとんど同時だった。 有沢まみず『いぬかみっ!02』より引用
  • 通路の端から、銃を構えた人影がとび出したのも、ほとんど同時だった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター12 エイリアン魔神国 下』より引用
  • つかまえたのと、その人が息を吹きかえしたのとほとんど同時であった。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • どれも一八〇〇年代の後半で、その出来上ったのはほとんど同時であります。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 伊織がつぶやいたのと、女性が振り返ったのと、ほとんど同時であった。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • 車がトンネルの闇の中へ突っ込むのと、爆発とがほとんど同時だった。 赤川次郎『消えた男の日記』より引用
  • 田鶴が声をかけるのと、男が田鶴を振りむいたのがほとんど同時だった。 藤沢周平『麦屋町昼下がり』より引用
  • 男が出てくるのと、地下室のドアが閉じるのがほとんど同時だった。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 顔を起した影が叫ぶのと、藤吾が声を立てるのとほとんど同時であった。 城山三郎『逃亡者』より引用
  • 残る三人がその気配を感じとったのはほとんど同時だったようだ。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 俺がそう叫ぶのと、車がガクンと急停車するのとがほとんど同時だった。 山田正紀『贋作ゲーム』より引用
  • そう確信かくしんするのと、外から銃声が聞こえたのはほとんど同時だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!09 つどうメイク・マイ・デイ』より引用
  • 二人の視線は切りむすび、腰をおろすのもほとんど同時のことだった。 高木彬光『顔のない女』より引用
  • 沙織がドアを開けるのと、おれが絶叫するのと、ほとんど同時であった。 夢枕獏『悪夢喰らい』より引用
  • が、秘密がわかるのと悪計が胸に浮ぶのとはほとんど同時だった。 林不忘『釘抜藤吉捕物覚書』より引用
  • 驃騎将軍の司馬仲達が大将軍になったのと、ほとんど同時の栄進である。 陳舜臣『秘本三国志 06 (六)』より引用
  • 君が僕を見つけたのと、僕が君を見つけたのと、ほとんど同時くらいであったようだ。 太宰治『未帰還の友に』より引用
  • ホロが不敵に笑うのと、とびらがノックされるのはほとんど同時のことだった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 次へ »