ほとんど反射

175 の用例 (0.00 秒)
  • それはほとんど反射的というか、なんのためらいもなしにしたことだった。 フィッツジェラルド/佐藤亮一訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 藤村とB・Wはほとんど反射的に足を進め、一族のなかに加わっていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 深く考えることなく、ためらうこともなく、ほとんど反射的にそうした。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 主はあわててあれこれ準備して、ほとんど反射的にある場所に目を向けていた。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • で、ほとんど反射的にそんな言葉が彼の口からつぎつぎに爆発したのである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 軽い衝撃ショックを受けた彼はほとんど反射作用のようにうしろをふり向いた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • ほとんど反射的に、私の腕が拳銃を下から横なぐりに叩きあげていた。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 守護神を失っても、ほとんど反射的に津島一幸を守ろうとしたのだろう。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第三巻 オーキスの救世主』より引用
  • それが周囲の風景から浮いてしまう行動だと分かっていても、ほとんど反射的に。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • その眼が、ほとんど反射的に、床に落ちている拳銃に向けられる。 山田正紀『弥勒戦争』より引用
  • いま突如と命じられてお鳥が行動を起したのは、ほとんど反射的だ。 山田風太郎『柳生忍法帖(上)』より引用
  • ミランシャの鋭い声に、カイルロッドはほとんど反射的に動いていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 5 野望は暗闇の奥で』より引用
  • 外見は非常に滑らかで傷一つなく、色は基本的に黒で光をほとんど反射しない。
  • 権六の声はほとんど反射的に口をついてでた。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • その一瞬、彼女は六文銭のぶじな顔を見て、ほとんど反射的に笑ったのであった。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • 前嗣は我知らず、ほとんど反射的に、帝のお心の内を読んでいた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • ほとんど反射的に、イリヤが足をまっすぐバレエのように前へ蹴り出した。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『10 空飛ぶスラッシュ』より引用
  • 弓子はほとんど反射的に腰をかがめ、床に置かれてあったモップを手にした。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • ほとんど反射的に手がリモコンにのぴ、一時停止のボタンを押した。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • ぼくはほとんど反射的に、G君に向かってそんなことを呟いた。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • 次へ »