ほそか

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼の皮膚の毛嚢もうのうからにじみ出してきたのは無数の白いほそい虫であった。 ...
  • そして、そのきずだらけのほそい足をあげて、こんなことをいいました。 ...
  • 二十七、八ばかりのほそやかな身体からだつき、かみなども美しいよい女であった。 ...
  • 右手に長くほそい槍をもち、左手に長い柄のついた明りをもっている。 ...
  • わたしのそばへきて腰をかけた、 ほそい杖にたよつてそうつと腰をかけた。 ...
  • これらの店は儲けがほそいのでこうして個人にも許しているのだ。
  • 主に日本では、ほそかわたつみが描いたイラストもよく知られている。
  • よく見ると、背中のコブの上に、ほそい鉄の棒のようなものが立っています。 ...
  • 男がともに膝をついてしゃがみ、かじの役目をするらしいほそい棒をもった。 ...
  • いま、タンダとスファルの魂は、目にみえぬほそい糸でむすばれていた。 ...
  • 幽霊は、その裂けたほそい隙間のような白い目をあげて、さらにささやいた。 ...
  • その細身《ほそみ 》の顔と身体とあしには、肝心かんじんなものがそろっていない。 ...
  • すると、なにやらほそい木の根っこみたいなものが何本もはいっていた。
  • で、厚さ五十センチの側壁に、慎重にいくつものほそい穴があけられた。 ...
  • と後ろ手で障子をしめたとき、中壺なかつぼにふりそそいでいるほそい雨をみた。 ...
  • あのほそい針先で、そもそもを拾おうというのも無理な話である。 ...
  • 額にかかるほそい茶色の髪をかきあげて、王はチャグムに席をすすめた。 ...