ほかの召使い

12 の用例 (0.00 秒)
  • ほかの召使めしつかいたちは寝たあとだったので、巡査のくるちょっと前まで何も知らないでいた。 ドイル/延原謙訳『恐怖の谷』より引用
  • ほかの召使いたちはみんなもう眠ってしまっており、警察の方々がおみえになる直前まで何も知らずじまいでした。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • ほかの召使いとは話をする機会がなかった。 ガードナー/能島武文訳『ビロードの爪』より引用
  • この言葉は、ほかの召使いたちといっしょにこれをながめていた人のよさそうな男の料理番の心を動かし、彼は彼女のとりなしをしようと進みでてきた。 ディケンズ/北川悌二訳『オリヴァ・トゥイスト(下)』より引用
  • ほかの召使いとは別に、彼らは食事もここでとる。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • ほかの召使いどもだって、おらのいねえことにゃ気づかねえ。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • ほかの召使いたちも、うしろにかたまって、目と耳をそば立てているのに、わたしは気がついた。 クリスティ/能島武文訳『スタイルズ荘の怪事件』より引用
  • ほかの召使いたちの行方は知れない。 ハメット/砧一郎訳『コンティネンタル・オプ』より引用
  • この老僕もまた、主人の部屋で物音を聞きつけ、駈けつけて来たまま、ほかの召使いたちの後ろに立っていたのである。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • ただ、城のほかの召使いのうしろに隠れていたのでないのなら、この大広間の中、半径五十フィート以内に隠れる場所などない。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔上〕』より引用
  • ほかの召使いに訊ねてみますか? 谷瑞恵『伯爵と妖精 第07巻 涙の秘密をおしえて』より引用
  • べつにほかの召使いなど怖がるには当たらないのだが、低声こごえで、見とがめられずにマノンのいる部屋へ通れるかどうか訊ねた。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用