ほかの召使

25 の用例 (0.00 秒)
  • ほかの召使たちはなぜわたしを呼びにきたのだろうな。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • ほかの召使たちはとても遠くの、だが同時にとても近くにある場所に住んでいるのだろう。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • わたしはその場にいないようにし、ほかの召使たちも同様によそへやっておくことになったのです。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • だが、あんたは、むろん、ほかの召使と同じように、給料をもらえるさ。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • その点、ほかの召使もおなじことだが、要するに、わしはあの連中を疑いたくない。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • コックさんもほかの召使たちも、きょう山荘から出て行くことになっていたところでしたとね。 クリスティ/能島武文『ハーゼルムアの殺人』より引用
  • 私は何事も知らせたくなかったのですが、あの人は出て行った妻の居所と、子供のできたことを、ほかの召使から聞き知ったのでした。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 反対側の窓から出ると、マーティンや、ほかの召使たちの眼にとまるおそれがありましたからね。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • わたしはほかの召使と同じ色の従者服をきせられた。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • そうなると、むろん、ほかの召使どももそやつとぐるになり、戸口のまえで大騒ぎをやり出した。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • わたしは何も教えませんでしたが、ほかの召使から、イザベラの住所と子供が生まれたことを知ってしまいました。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 私は何も教えなかったのですけれども、ほかの召使の口を通して、イザベラの住居も、子どもが生まれたことも知ってしまいました。 エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • ほかの召使が寝しずまったあとで、フランス人の女中が廊下をうろついているのを、いくどか見かけたことがあったからです。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • こうしてわたしはこの一家のいわば寵児ちょうじのようなかたちで、ほかの召使連中は大いにねたましがった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 主人は宝石箱を盗まれたことを検疫期間がすぎるまで気がつくまいし、気がついても、あたしよりもほかの召使に疑いをかけるだろうと話した。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • ほかの召使たちはどうじゃ? カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』より引用
  • しかし、ほかの召使たちは元気だった。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • その結果、残されたほかの召使達は、何も知らされぬまま、帰らぬ女主人を延々と待つハメになってしまうのだ。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • むろんキャサリンには知られないようにしていましたが、わたしが突っけんどんな返事をするのを聞いたり、ほかの召使が奥さまの横柄おうへいな命令にいやな顔をするのを見たりしますと、ご自分のことでは決して見せない不愉快そうなしかめ顔をなさって、困ったようすをなさるのでした。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • ほかの召使たちが蓮華のものをちょろまかしたりしないように見張っていたが、もっともさかんにちょろまかすのは彼女自身だった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 次へ »