ほうが何かと

20 の例文 (0.00 秒)
  • そのためにも社長の英二には早目に会っておいたほうが何かと都合がよい。 ...
  • 彼らは素性のわからない客は相手にしないから、このほうが何かと都合がいいのだろう。 ...
  • もちろん、彼等なりに集団を形成しておいたほうが何かと都合がいい、という事情もあるのだろう。 ...
  • 同じ招くなら、外国人より日本人のほうが何かと好都合ではないか。 ...
  • しかしながら、実際に使用するには郵便局のほうが何かと便利だ。 ...
  • 施設の中では洗礼を受けていたほうが何かと有利であったし、洗礼を受けること自体が流行であり、ステイタスであった。 ...
  • 僕たちはこれから夏休みですし、どうせならSOS団全員で出かけたほうが何かと楽しそうですしね。
  • 母さんが帰ってくるまでに家に戻れる保証はなかったけど、お酒を飲んだり、帰りが遅い日のほうが何かと都合がいいだろうと思った。 ...
  • 仕事用のバッグは、両手が自由になったほうが何かと便利なため、肩から斜めに掛ける。 ...
  • 形式ばった二対一の事情聴取よりも、一対一のほうが何かと話はスムーズに運びそうに思われた。 ...
  • ここんところ、会社の財テク戦略が変更になって、不動産部門の整理など、本社のほうが何かとごたついててね。
  • そりゃあね、よく考えりゃ、女だってうちの若先生みたいに強いほうが何かと安心だと思うけど、自分より女の方が強いと、男の沽券こけんにかかわるとかん違いしているんだよ。 ...
  • いずれ身辺の世話をするために従卒が付けられるのだから、それならユリアンにまかせたほうが何かと気楽というものだ。 ...
  • そして彼等の勤め先をたずね、もとの同僚だった槻木トク子の行方をつきとめたりすることは、日本人であるわたしよりも、同国人である沈のほうが何かと好都合であるに違いないのだ。 ...
  • しかし、TAKUROがTERUの家にまだ歌の入っていないデモテープを置き忘れ、歌があったほうが何かとやりやすいだろうと考えたTERUが歌を入れてみたところ、それを聴いたTAKUROが「神がかった声」と感じて腰を抜かした。 ...
  • 事務のエキスパートの幹士長は、将校たちとの接触が頻繁でもあり、仕事の関係上将校に準じる階級にあるほうが何かと便利なため、率軍候補生に特別任用される例が、ままあるらしい。 ...
  • 「少年育成課の者がいたほうが何かと便利だろう」 「尋問の際には、私も同席させてもらいますよ」 黒谷真佐子が言った。 ...
  • 次へ