ぷりちゃぷりと

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • ちゃぷりちゃぷりと小さな波が波打際なみうちぎわでくだけるのではなく、少し沖の方に細長い小山のような波が出来て、それが陸の方を向いて段々押寄おしよせて来ると、やがてその小山のてっぺんがとがって来て、ざぶりと大きな音をたてて一度に崩れかかるのです。 ...
  • ちゃぷりちゃぷりと小さな波が波打ちぎわでくだけるのではなく、すこしおきの方に細長い小山のような波ができて、それが陸の方を向いてだんだんおしせて来ると、やがてその小山のてっぺんがとがってきて、ざぶりと大きな音をたてて一度にくずれかかるのです。 ...