ひろけれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼らが抱いている性についての考え方をひろいだして考えてみるがよい。 ...
  • こんどの廊下はまえより少しひろかったので、ふたり並んで歩きました。 ...
  • はいったとたんに、寝台の幅が非常にひろいことに気がついたのだった。 ...
  • これに反してあなたの財産のことは、ひろく世間に知れわたっています。 ...
  • 戦場そのものについては、起伏したひろい地面であると想像すればよい。 ...
  • 多読でひろい知識を獲得していたが、それが彼の自慢の種になっていた。 ...
  • そしてもなく、普通ふつうの、はばのひろい川にはいったことがわかりました。 ...
  • 古典の作品から現代の作品をひろい範囲で対象として行って見るわ。 ...
  • 三人の兄弟の上にも歴史は実にひろく深く、まわって居ることを考えます。 ...
  • タクケアの妻はその鳥をふたたびひろい上げ、今度は火のそばにおいた。 ...
  • 人間のよろこびは、何と大きくひろく動くものとしてあり得るでしょう。 ...
  • もっともひろく知られているのは双子葉植物の茎に見られるものである。 ...
  • ひろい中庭には、かつて黒い魔法の釜がおいてあった戦士の間が見えた。 ...
  • つまり日本人にとって、その世界は次第にひろくなりつつあったのである。 ...
  • 新設の会社なら、ひろく知られいろいろ関係を結ぶことが必要ですからな。 ...
  • 謎の組織によってロボットに改造されたひろしを軸に野原一家の活躍を描く。 ...
  • その方角には近くに家がなく、そこからの見晴らしはひろいものだった。 ...