ひと儲け

59 の用例 (0.00 秒)
  • 貧乏人たちはひと儲けしようとして朝の五時からその教会に坐りこんだ。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 農業がきらいだったのと、何か商売をしてひともうけしようとしたのだといいます。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 兵器工場の土地を買収してひと儲けした大野には、答える言葉もなかった。 半村良『回転扉』より引用
  • 交易でひと儲けする者が出るだろうが、それはひと握りの人間だろう。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 彼はその秘密を利用してひと儲けしようと企んだに違いない。 半村良『都市の仮面』より引用
  • ひと儲けして、次の旅へ向われる路銀をおこしらえになってはいかが? 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • かねての念願通り、八雲産業の手で売って、ひと儲けしようと思ったのだ。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • スッキリついでに、ひと儲けを企む興行主やレコード会社にいいたい。 砂川しげひさ『コテン氏の音楽帖』より引用
  • 店を買い占めてひと儲けするとか、口実を造って土地を手に入れるとか、な! 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • わてと組んでひと儲けしよう思てまんのかな。 つかこうへい『つか版・忠臣蔵』より引用
  • 俺は息子でひともうけできると思った。 野沢尚『龍時(リュウジ)01─02』より引用
  • イタリア人にとって映画は、アメリカ人のようにひと儲けするビッグ・ビジネスには決してなり得ないのである。 田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』より引用
  • それを売ってひともうけした海賊かいぞくの弟が口のかるい男で、酒場さかばでふいてまわったらしい。 上橋菜穂子『守り人シリーズ08 天と地の守り人 第一部』より引用
  • おかげでこの会社はひと儲けするぜ。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 彼らは経済大国ニッポンの繁栄をいいことにひともうけしようとたくらんでいるような気がしてならない。 江國滋『日本語八ツ当り』より引用
  • 金が欲しくなれば、その土地の賭場へ行って、ひと儲けすることにしていたのでござんす。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫4) 忍者からす』より引用
  • 白鳥ですっかり有名になった風湖を利用して誰かがひと儲けたくらみ、近くの山の斜面をスキー場にしたからです。 半村良『炎の陰画』より引用
  • まず、はっきりしていることは、彼はひと儲けしようと盗みをやり、同時に二兎を追っていた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(3)』より引用
  • 思うにこの男は外務大臣の手先きであって、大臣は小銃を政府に売りつけてひと儲けしようとの野望を抱いていたのであろう。 ボーマルシェ/辰野隆訳『フィガロの結婚』より引用
  • ただし、レーネ村立ち退き問題をだしにひともうけしようと思ったことは、省略しなかった。 野尻抱介『クレギオン 2 フェイダーリンクの鯨』より引用
  • 次へ »