ひだ古川

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 戦後に長近が飛騨一国を秀吉から与えられると、そのうち古川郷1万石を長近より与えられ、飛騨古川に増島城を築いた。 ...
  • 頭をひねって、飛騨古川の祭りに、毎年誘うことにした。 ...
  • タクシー乗り場で主人公の瀧が運転手に糸守町について尋ねるシーンで「宮川」という会社のタクシーが描写されているが、宮川タクシーは現実に飛騨古川駅前で営業している。 ...
  • 複合施設の具体案を作成するために「飛騨古川まちづくり検討委員会」も立ち上がった。 ...
  • 高山線の国鉄駅によってみると高山、上枝、飛騨国府、飛騨古川となっている。 ...
  • ただし、これは多層建て列車として名古屋駅 - 高山駅・飛騨古川駅間運転の列車番号を使用することによる。 ...
  • 飛騨古川の町並みを離れ、一般道路からも離れて山林に踏み込んだ崇と十紅子は、もはや時間もわからないまま、黙々と足を動かし続けていた。 ...
  • ふしづくりの音楽教育が影響しているかは不明であるが、古川町は住民による音楽文化活動が盛んな地域となり、1980年9月17日には東京フィルハーモニー交響楽団の飛騨古川公演を住民組織が誘致し、古川小学校が会場となった。 ...
  • また、飛騨市美術館・飛騨の山樵館の看板や、JR飛騨古川駅前の看板の揮毫も担当している。 ...
  • しかし、飛騨古川に近付くにつれ、今夕に降ったばかりと思われる雪が、ところどころ白い塊になって路面にはりついている。 ...
  • その代替として名鉄から高山本線へ乗り入れている特急「北アルプス」が飛騨古川から富山へ延長された。 ...
  • その中心的な存在であったのが1978年5月5日に町民有志が設立した飛騨古川音楽文化協議会、通称「音文協」である。 ...
  • 列車番号は運行区間・運行線区等により異なり、名古屋駅 - 高山駅・飛騨古川駅間運転の列車の場合、下りは号数に20を加えた奇数、上りは同じく偶数となるが、名古屋駅 - 富山駅間運転の列車の場合、下りは号数に1020を加えた奇数、上りは同じく偶数となる。 ...
  • 瀬戸川用水沿いには、白壁の土蔵や寺社の石垣など、かつての城下町の佇まいを残しており、飛騨古川の観光地となっている。 ...
  • 音文協は東京フィルの演奏会後も日本国内のオーケストラの招待を続け飛騨古川国際音楽祭へと発展させる素地を作っただけでなく、古川町の小学生による「ひだふるかわ音楽の森合唱団」の設立に尽力した。 ...
  • 音文協は1980年9月17日に東京フィルハーモニー交響楽団の飛騨古川公演の誘致に成功、古川町初のオーケストラ演奏会だったことから会場の古川町立古川小学校には大勢の住民が鑑賞に訪れ、大盛況であった。 ...
  • 高山本線の特急「ひだ」は飛騨古川 - 金沢間の運行が廃止され、名古屋 - 高山・飛騨古川間の特急となった。 ...