ひそかに期するところ

17 の例文 (0.00 秒)
  • むろん、わたしにしてみれば、単細胞ではないとひそかに期するところがあった。 ...
  • 貞阿のひそかに期するところも、実はこの二つにあったのである。 ...
  • 貞阿のひそかに期するところも、実はこの二つにあつたのである。 ...
  • ひそかに期するところがあつたからである。 ...
  • 彼はひそかに期するところがあった。 ...
  • 心中ひそかに期するところがあって飛行術を学び、名前を変えて、映画の曲乗り飛行士になったのです。 ...
  • 脱藩が、その実行による自証であるについては、傍人に通じようもないままに、ひそかに期するところがあっただろう。 ...
  • 心ひそかに期するところがあって、都会とは違う東北の自然に即した俳風の創造につとめた。 ...
  • 死ぬ間際には、もう落語家としてカムバックする気も完全に失せていたようだが、新宿末広亭に戻った頃は、ひそかに期するところもあったようだ。 ...
  • しかし、嫂のお兼は学校の成績の図抜けて優秀な豹一にひそかに期するところがあり、彼が尋常六年を卒業すると、府立の中学校に入れるようにと安二郎を無理矢理に説得した。 ...
  • 内蔵助には、ひそかに期するところがあった。 ...
  • しかし、心中では、ひそかに期するところがあった。 ...
  • 氏大いに会するところあるがごとく、余に語っていわく、今宵のことひそかに期するところあり、もし公の説いかんによりては、あえて公を刺さんと決したり。 ...
  • 闇物資の仕事が少くなって、石村商事は石村証券と看板を変え、人員も次第に少くなり、そして今日に至ってるのであるが、石村は心ひそかに期するところがあって、新たな活動を始めてるようだった。 ...
  • 婿養子の身分であったのに、棟方の家の「藤屋」という屋号を「富士幸」と改めたのも、内心ひそかに期するところがあったからに違いない。 ...
  • さしも世間を騒がせた事件も、どうやら迷宮入りをしそうな形勢に、警視庁が躍起となっているおりから、俊助は心中ひそかに期するところあるがごとく、今宵こよい、耕作を訪れて何やらかき口説くように話しかけているのである。 ...