ば荒唐無稽

7 の用例 (0.00 秒)
  • 隠れキリシタンの存在を考慮に入れれば荒唐無稽こうとうむけいな想像でもなくなる。 高橋克彦『春信殺人事件』より引用
  • 世界第一位と第二位の企業が手を握るというトヨタとGM提携は、当時とすれば荒唐無稽に属する話であった。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 瑞枝にしてみれば荒唐無稽むけいとしか言いようのないストーリーを、何とか見られるようなドラマにしていくのは大層つらい。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 食べ物とはあまり関わりのない世界のことであったから、あるいはそれとこれとを関連させて思う私の方が、現在の私から見れば荒唐無稽の世迷いごとに引きずりまわされていたのかも知れない。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • 霊界では地球人の他に火星人や、金星人、土星人や月人が存在し、月人は月の大気が薄いため、胸部では無く腹腔部に溜めた空気によって言葉を発するなどといった、現代人からすれば荒唐無稽な部分も多い。
  • その他にも、 <銀三角> の扱っているオカルトグッズは、良く言えば独創的、悪く言えば荒唐無稽こうとうむけいなものばかりだった。 山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』より引用
  • ふつうの感覚から見れば荒唐無稽こうとうむけいな物語となっている Yoshi『Deep Love 第一部アユの物語』の「あとがき」にはこういう一節がある。 石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用