ば反則

14 の用例 (0.00 秒)
  • 最低一度はカードの表を見てからカードを出さなければ反則となる。
  • 勘違いさせるような動きでなければ反則ではない。
  • フォルス・スタートと判断されない動きで、スナップ前に戻っていれば反則ではない。
  • 一定時間以内に次の動作を行わなければ反則を取られるケースや、一定時間までは無料でもそれ以降は有料となる形の時間制限も存在する。
  • しかし、2013年から試験導入された新ルールでは、帯から下を掴む行為は一切禁止されることになったために、この技を使用すれば反則負けが適用されることになった。
  • なお、相手を押し出しても停止信号を出してロボットを遠隔操作により止めなければ反則負けとなる。
  • 意図的にループを作る事は禁止であり、ベルが鳴り終わるまでにループを崩さなければ反則負けとなる。
  • 日本ラグビーフットボール協会ルールでは、「プレーヤーが一時的にプレーできないことを意味し、かつ競技に参加すれば反則が適用される位置にあることをいう」とされている。
  • ただしこれは厳密にいえば反則であり、目に余る際は警告、もしくは減点の処分がなされる可能性がある。
  • また、通常の試合形式であっても、レフェリーが見ていなければ反則をとられることもないため、レフェリーの目を盗んで凶器攻撃が行われることもある。
  • 警察剣道では10秒以内に分かれなければ反則となる。
  • 八巻は膝蹴りで頭を押さえて出していたものもあり、それは厳密にいえば反則なのだが、八巻の勢いが増田を上回り、結局延長1回の末、増田は判定で負けた。
  • しかし、プロレスではレフェリーが5カウント数えるまでに技の使用をやめれば反則とはならないので、事実上は使用を認めている。
  • たとえば、アタックをネットに引っ掛けた場合においても、4打目に相手コートに羽根を返せば反則とならない。

ば反則 の使われ方