ばっさりと切り捨て

9 の用例 (0.00 秒)
  • さっきの僕の提案をきみは浅いと、ばっさりと切り捨てたけれど、他に何か案はあるのかな? 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • しかし一方で批評家の山根銀二は後日新聞批評で「音楽以前である」と一言でばっさりと切り捨てた。
  • ゲーム性をばっさりと切り捨て、ビジュアルとストーリー、そして音楽を重視した「ビジュアルノベル」と呼ばれる形式の作品が出るのもこの頃である。
  • 映画では戦争や差別、国籍の問題など、家族や沖縄の抱えるネガティヴな側面はばっさりと切り捨てられ、主人公の美恵子を中心とした明るいコメディタッチの作品となっている。
  • けれど、「男だから」というだけで、ばっさりと切り捨ててしまう可南子ちゃんが悲しかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 14 涼風さつさつ』より引用
  • 和田山が『キネマ旬報』の昭和7年二月中旬号で本作を批評した文は、「寛プロの映画は本来インテリ層が観るべきようなものではない」との旨を最初に断っていて、あくまで山中の出現は突然変異のごとく扱われており、本作以外の寛プロ作品は価値も認めずばっさりと切り捨てているのである。
  • それなのにこんなふうにざくりとえぐられたような感じがするのは、手嶋編集長が、これまでの滋子の仕事と人生を、まったく何の共感も理解もなしに、ばっさりと切り捨ててゴミクズのように扱っているからだ。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • ばっさりと切り捨てられた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 今季も両球団出身のデニー友利、鳥谷部健一、上田佳範がテスト入団するなど、ファミリー的なつながりを重視する落合政策を、ばっさりと切り捨てた。。