はね返ら

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • こうした事態は対米輸出依存度の高い日本経済にも当然はね返ってくる。 ...
  • それは秀彦の人生にも当然、物質的に大きくはね返ってくるものである。 ...
  • はね返って来る強い草の茎を横踏みにして玉目三郎もつづくのであった。 ...
  • はね返ってくるのは明日のことかもしれないし、何年も後のことかもしれない。 ...
  • まさかそれがこんな形になってはね返ってくるとはおもわなかったでしょう。 ...
  • 同情心が自分の顔へ、ちょうど茨がはね返るように返ってくる気持である。 ...
  • しかしその声は壁にあたって再び彼の耳もとへあざけるようにはね返ってくるだけであった。 ...
  • わたしのこの計画けいかく成功せいこうさせるには、ちる石がはねかえるような仕掛しかけをしなければなりません。 ...
  • はね返ってきた勢いで、かえってこちらが傷ついてしまうのだった。 ...
  • なぜそういう行動をとるのかと言えば、いつかはそれが自分の利益としてはね返ってくるからだ。 ...
  • 何かもっともらしいことを言うたびに、自分にはね返ってくる。
  • そのことを考えれば、任務に忠実でないときにはすべてが大さんにはね返る。 ...
  • と思いがけなく、強く固い竹を打つ石くれの音が高く崖下からはね返った。 ...
  • 丸めた紙玉は相手の目に当たってゆかの上にはね返って落ちた。 ...
  • たいていの人はおそらくその年月の間にそういう生活からはね返る力を失ってしまうだろう。 ...
  • そして、その異なる波長はあらゆる方角へはね返って行くわけだよね? ...
  • 弾は角面堡かくめんほうの切れ目に向かって発射され、その壁の上にはね返った。 ...