はなし手

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それは誰に話しても本当にしてくれまいと思われる電話の魔力であった。 ...
  • たとえ私が今、すべてを話してもきっとあなたは石を使うのをやめない。 ...
  • 話し手に注意を集中してもらうためには面白く話をしなければならない。 ...
  • 大伯父は少なくとも自分が話してもいいと思った範囲では説明しました。 ...
  • しかもその晩は何事もなく、わたしは先生と一時間あまり話して帰った。 ...
  • 鐵骨ばかりのビルヂングの下で二人の男が上を見上げながら話してゐた。 ...
  • ほか人間にんげんはなしてゐると、人間にんげんかははなす様で歯痒はがゆくつてならなかつた。 ...
  • それはあの剣のことについては絶対だれにも話してはならないということだ。 ...
  • 乃梨子ちゃんは、話し手が期待していた通りの正しい反応をしてくれる。
  • 話し手は家主や大名の立場に立って、自分自身は笑いの対象にならない。 ...
  • お父さんは小屋の入口で馬を引いて炭をおろしに来た人と話してゐました。 ...
  • 母と呼んでいる夫人には、必要があったら話してもいいと思っていた。 ...
  • 人が話して聞かせても、「そうですか」と言って相手にもならなかった。 ...
  • 一人になって、東吾は開けはなしてある障子のむこうの庭を眺めていた。 ...
  • いくら話しても尽きることのないグラント船長の話をまたはじめたのだ。 ...
  • またそれを口で話して一定の聴衆が聞くだけでもそれは文学ではない。 ...
  • これはまるで人間同士が会つて話してゐる図にはなるまいと思はれた。 ...