はなしゃ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それから、私はこの作家から目をはなすことが出来なくなってしまった。 ...
  • そして誰にもその場所をはなさないなら一緒に行かうと相談しました。 ...
  • そして誰にもその場所をはなさないなら一緒いっしょに行こうと相談しました。 ...
  • かん木のなかから出てきて、私たちのあいだを引きはなそうとしていた。 ...
  • 駒井はそれを、眼をはなさず見ていましたが、この時はまた別の人です。 ...
  • その手をはなすと、花筒の奥から一条ひとすじの流れになって泉が湧き出てきた。 ...
  • 望遠レンズ越しに見ている光景が、僕の心臓をつかんではなさなかった。 ...
  • しかし、すべてそういうことは伝吉がひとにははなさないことであった。 ...
  • 良は、滝の目から目をはなさずに、おとなしくされるままになっている。 ...
  • 穴から三メートルまでに接近し、ぼんやりした影から目をはなさない。 ...
  • しかし彼女は、近づいて来た第二の車輛の車輪から目をはなさなかった。 ...
  • 夢窓がはなすこの話を聞いても、だれひとり、驚く者はないらしかった。 ...
  • これを座敷へ上った白雲は、立ちながら目もはなさずに眺め入りました。 ...
  • しかし、それでも隼太が手をはなさないのを知ると、ひややかに言った。 ...
  • わたしは月と星から目をはなすと、くぐり戸を開けて、なかにはいった。 ...
  • かれらの子孫は、中国語をはなす回教徒としていまなおのこっています。 ...
  • 霞んできた彼の眼は、このとき敵がすうと右のこぶしをはなすのを見た。 ...