の毛穴が開い

17 の用例 (0.00 秒)
  • ざわざわと背筋が寒くなり、身体中の毛穴が開くような感覚に襲われた。 朝香祥『スパイラル カノン その扉を開く者 (The Beans 01)』より引用
  • 全身の毛穴が開くような恐怖きょうふを感じたが、同時に俺は、ムカッときた。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑥』より引用
  • 一瞬のうちに全身の毛穴が開き、心臓が口元までせり上がってきた。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 何かが体の中を駆け巡り、全身の毛穴が開く錯覚をおぼえた。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 全身の毛穴が開くような、奇妙な感覚を覚え、意識がよどんだ。 阿刀田高『仮面の女』より引用
  • 目の当たりにする笠原は、全身の毛穴が開くほどの恐怖を味わった。 初野晴『水の時計』より引用
  • 全身の毛穴が開いて次々と汗をき出しつつある。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • 生暖かい吐息が耳元に吹きかけられ、全身の毛穴が開くのがわかった。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 全身の毛穴が開き、そこから滝のように汗が噴き出す。 神永学『コンダクター』より引用
  • 全身の毛穴が開くのを萩生は感じた。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • 石神は全身の毛穴が開くのを感じた。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 全身の毛穴が開き、そこから一気に汗が流れ出す。 神永学『コンダクター』より引用
  • 鼻の頭の毛穴が開いているのを気にした茉莉は、毎日、脂取り紙でたんねんに脂を取り、お白粉しろいをはたきこんでいたというのである。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 全身の毛穴が開いた。 夢枕獏『陰陽師太極ノ巻』より引用
  • 体じゅうの毛穴が開き、脇の下に汗が滲んだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 09 虹の彼方に(上)』より引用
  • もちろん、マシーン兵器の精密機器に影響のないよう、電流は最弱にしぼってあるが、髪の毛が逆立ち、全身の毛穴が開く。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • 肉の腐ったような臭気が猛然と押し寄せ、おれの毛穴が開き、昨夜と同質の恐怖が、呆気なくよみがえる。 樋口有介『ろくでなし』より引用