のし掛かる

21 の用例 (0.00 秒)
  • 後ろから、何か冷たいものが背にのし掛かって来るような気がした。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 命令責任の重圧がかれのからだを押し潰さんばかりにのし掛かってきていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『08 パイリスの魔術師』より引用
  • まるで伊三次の気持ちが台箱にのし掛かっているようだった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 重くよどんだ空気が、居合わせた四人のそれぞれの肩にのし掛かっている。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • そう、考えると更に翼の全身に大きな隕石の落ちた様な強い衝撃がのし掛かる。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • なのに、のし掛かってくるような闇の暗さと重さを、どう言えば良いのだろう。 畠中恵『うそうそ』より引用
  • 一国の王女の肩にのし掛かる責任の重さなんてものは、わたしには想像もつかない。 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • ビルの狭間から、地上を押しつぶさんとするかのようにのし掛かって見えた。 古橋秀之『サムライ・レンズマン』より引用
  • あんまり彼女が重くのし掛かってきたんで不安になったんだ。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • 顔をふさがれ、のし掛かってきているものの正体すら見えなかった。 畠中恵『ぬしさまへ』より引用
  • 南部の議員達はこの提案された物品税が南部に不均等に重くのし掛かってくることを恐れた。
  • のけ反る形で船尾の方に逃れようとすると、あの人はこちらの上にのし掛かって来る。 高野敦志『漁火』より引用
  • そして何よりも、模糊もことして先が見えない精神的圧迫感が重くのし掛かっている。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • 諸々もろもろの重荷が、最難関の志望校を目指す子供たちの肩にのし掛かっていた。 椹野道流『鬼籍通覧5 禅定の弓』より引用
  • しかしこのときまでの2週間で溜まった疲労が隊員に重くのし掛かっていた。
  • そのままベッドに押し倒され、上にのし掛かられ、秋生はキスを奪われる。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • しかしハルユキは、両肩にずしりとのし掛かる疲労感のせいですぐには立てなかった。 川原礫『アクセル・ワールド 11 -超硬の狼-』より引用
  • 仰臥ぎようがした秋生の上に跨り、クリスは騎乗位でのし掛かるように迫った。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • この封鎖はある程度の成功を見たが、その同盟国は恩恵を受けることができず、不満や不平がのし掛かっていくこととなった。
  • 答えるともなく呻いて、眼を開けた丹下左膳の瞳に、上からのし掛かるようにのぞいている顔が映った。 林不忘『丹下左膳』より引用