に触れ

13,851 の用例 (0.02 秒)
  • 男 僕は一度だつて、あなたの触れない問題に触れたことがありますか。 岸田国士『恋愛恐怖病(二場)』より引用
  • 世界が矛盾的自己同一的に絶対に触れるということがなければならない。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 紙の上に、或る同じ大きさでお互ひに触れ合ふ円をいくつか書いて見る。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 新聞を議論したものには時々新聞と歴史との関係に触れたものがある。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • 二度とその肉体に触れることができないという悲しみがもたらしている。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 今日評論家と云われる者で戦争に触れない者はあり得ないだろうからだ。 戸坂潤『戦争ジャーナリスト論』より引用
  • そういうものに触れない抽象的な宗教的心情や信仰はあり得ないからだ。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • あたかも手に触れる物をすべて黄金になすすべを知ってるかのようだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • おそらく、少しでも多く遠い昔の生活に触れるためであったと思われる。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 宿を出た三人は、途中その問題に触れることなしに、別れたのであった。 徳田秋声『爛』より引用
  • 日本人がヨーロッパの文化に直接に触れる道も開かれたかの如くに見えた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 渡瀬にはその宝に触れてみる資格が取り上げられているようにさえみえた。 有島武郎『星座』より引用
  • 彼が目に触れ耳にきくものの多くは、父のためにいのることを妨げさせた。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 最初に渡された時から、箱に触れるだけで奇妙な圧力を感じたのである。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • こんなにも強く人の身体に触れてみたいと思うことがあっただろうか。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』より引用
  • 紅色べにいろに塗った太い車の輪が自分の足に触れたかと思うほどきわどく回った。 夏目漱石『永日小品』より引用
  • それから二三げんほど進んだかとも思う時に、彼の左の足は硬い物に触れた。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用
  • かれが、眠っている相手にするように、そっと彼女の指先に触れたとき。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 友達が意識的に隠したいことに触れるだけの勇気が、千鶴にはなかった。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 参木はしばらくじっとしたまま、空気に触れる皮膚に意識を集めていた。 横光利一『上海』より引用
  • 次へ »