に光る

1,893 の用例 (0.01 秒)
  • 目がねの中に、文楽の人形のような大きな黒玉が異様に光っていました。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 女の目が怒りに光ったが、やっと自分を抑えたのか、何も言わなかった。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • 暗くて顔は見えなかったが、白い歯がやみの中でかすかに光るのが見えた。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 灰色の空から落ちてくる雨が小降りになり、銀の糸のように光っていた。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • 濃い夜陰やいんの色の中にたった一つかけ離れて星のように光っているのです。 夏目漱石『行人』より引用
  • 手は銀のように光ったが、それが自分の肉と骨の手であるのが感じられた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • 海は遠くでたまに光っているだけで、ぜんぜん電車からは見えなかった。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 雨雲の垂れている灰色の空を背景にして機体の色は鮮かに光って見えた。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 瓶のとなりに置かれたカメラのレンズが、もう一つの目のように光っていた。 三上延『シャドウテイカー2 アブサロム』より引用
  • 樹なりのアーチ型の緑の薄闇の中に、安全な道路がかすかに光っていた。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • かれの眼は、しかし、そうであればあるほどするどく手紙の上に光っていた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • それを手に取った喜代子の眼が、また黒水晶のように光ったようだった。 豊島与志雄『叔父』より引用
  • 二つのおぼろに光る人影は、現れたときと同じように一瞬にして消えた。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • きょうは海の上もおだやかに光って、水鳥の白い群れが低く飛んでいた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • その異形のものの背後には、明るい太陽のように光るものが見えている。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • きらきらと空中に光って見えるのは細かい雪が風に舞っているのだろう。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 林の奥では彼の時の様に小鳥が囀り日は同じ様に黄金色に光って居る。 宮本百合子『追憶』より引用
  • 闇の中に光って浮かんでいた山が姿を消し、雲も消えようとしている。 冴木忍『カイルロッドの苦難 6 悲しみは黄昏とともに』より引用
  • 巨大な白い建築物の列が、日ざしの下ではるかな希望のように光っている。 P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • 鮫の背のように光る布の真ん中に、色の白い男がひとり足を組んでいた。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 次へ »